誰かと一緒だと心強い!身近な人の解消法を聞いてみる

身近な人が実践するストレス解消法を参考にする

巷には数多くのストレス解消法がありますが、そのすべてが自分に合うわけではありません。ストレスの要因が人によって異なる以上、適切なストレス解消法も変わってくるわけです。さまざまなストレス解消法を試したけどあまり実感できないという人は、身近な兄弟や友人などに相談してみるのもいいでしょう。相談をするときは自分の悩みを理解してくれる人を選ぶのがコツです。例えば、看護師が抱えるストレスを解消するならば、看護師仲間に聞くのが得策です。看護師が抱える悩みを学校の先生に相談しても、適切な解決策を得られない可能性が高いです。ストレス解消法について誰かに聞くときは、自分と職業や生活スタイルが同じ、または近い人を選んでみましょう。

相談する相手を見極めよう

自分に合ったストレス解消法が見つからずに悩んでいるときは、誰かに話を聞いてもらうのがおすすめです。人に話を聞いてもらえば、気持ちがすっきりするという人は多いでしょう。さらに相談することで自分に合ったストレス解消法が見つかれば一石二鳥です。巷には無数のストレス解消法がありますが、必ず向き不向きがあります。例えば、適度な運動やストレッチをすれば心身が楽になるという人が多いですが、慢性疲労を感じている状態で無理に体を動かせば逆効果になりかねません。 身近な人に相談するときは、なるべく年齢が近い人を選ぶのがコツです。中年世代であれば子育ての悩み、高齢世代であれば成人病のことなど、年齢が近ければ似たような悩みを抱えていることが多いからです。