睡眠は重要!とにかく寝る

ストレス解消は睡眠が基本!寝る前のスマホは控えましょう

ストレス解消の基本は、「とにかく寝ること」です。仕事や家事などで忙しく常に時間に追われていたり、人間関係などでストレスが貯まっていると、ついパソコンやスマートフォンなどからインターネットやSNS、ゲームなどを夜遅くまで楽しんでストレス解消を図るという人も少なくないのではないでしょうか。パソコンやスマートフォンなどはつい時間を忘れて夢中になってしまうので、ストレス解消に良いと思う人もいるかもしれません。布団の中にスマートフォンを持ち込むという人も多いので、寝る直前まで脳が興奮状態になっていて、脳が休まらないということもあります。ストレス解消するためには質の良い睡眠をとり、心も身体の両方からリフレッシュすることが重要です。

質の良い睡眠を得るために

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は身体や心を活動モードにする役割を担っています。通常、交感神経から副交感神経へと切り替わり、身体や心の活動モードがオフになることで身体が休息モードになりますが、ストレスが多いと交感神経が優位になってしまいます。交感神経がずっと働いたままだと、自律神経のバランスが崩れてしまいストレスを感じやすくなります。 交感神経と副交感神経を切り替えるには、就寝する2時間ほど前に入浴すると効果的です。入浴で温まった身体がゆっくり冷えることで眠気が生じやすくなるので、入眠しやすい状態を作ることができます。ストレスを解消するためには、乱れた自律神経を整えてあげることが重要です。とにかく寝て深く眠ることでストレスを受けた身体や心をしっかりと癒やすことができます。